粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術直後

 患者さんは、40代 です。
数年前より、背部に粉瘤があったそうです。
数日前より急に大きくなり、痛みも強くなってきたために、地元の○○形成外科を受診されました。
そこの医師からは
・炎症がひどいからすぐには手術が出来ない。
・暫くの間毎日、「抗生物質の点滴」に通院する事。
・「抗生物質」を暫くの間毎日内服する事。
と言われたそうです。
以下、私からの説明です。
炎症がひどくても手術は出来ます。むしろ、被膜が浮いていますので、しやすいくらいです。
粉瘤に抗生物質を投与しても効果は御座いません。粉瘤は被膜の中に垢が溜まる病気です。抗生物質投与により、垢の量は減りません。抗生物質の投与により減るのは細菌です。
痛みが強く、幸い(?)外来も空いておりましたので、当日手術させて頂きました。
もちろん術後、抗生物質は処方しておりません
手術した当日から、お風呂、シャワー OK です。
術後の創部は湿潤療法で治療いたしますので、一度も消毒はしておりません

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術直後

術後1日

術後4日

術後8日

術後15日

関連記事

  1. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  2. ①背部粉瘤

    炎症が強くとも、粉瘤(アテローム)の手術は出来ます。

  3. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  4. 術前

    炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中

    粉瘤(アテローム)腰(くりぬき法)

  6. 術前2

    頚部の粉瘤(アテローム)です。