粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

2歳 胸部、大腿の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(胸)

 患者さんは、2歳の可愛い可愛い女の子です。
カップ麺の汁をこぼし、胸部、左大腿を熱傷されました。
地元でのかかりつけの○○小児科を受診。
ソフラチュール、ガーゼ処置を受けられ、抗生物質が処方されました。
○○小児科では継続治療が困難と判断され、地元の○○皮膚科を紹介することになったそうです。
しかし、親御さんが色々と調べられ、「湿潤療法」目的にて、当院をご遠方よりご受診されました。
○○小児科では、幼稚園には1週間行かないように言われたそうです。
私からは、以下の説明をさせて頂きました。
① 湿潤療法の説明。創傷被覆材で治療する事。
② ソフラチュール、ガーゼは創部にくっつき剥がす際に出血します。
よって、それらは、創部に貼ってはいけません。
③ 感染状態では無いので、抗生物質の内服は中止しましょう
抗生物質を内服する事は、感染予防にはなりません。
抗生物質は、感染してから内服するお薬です。
④ 幼稚園には行っても全く問題御座いません。
  プールに入っても、踊っても、走っても、全く問題御座いません。
  当院で熱傷加療中の患者さんで、フルマラソンを走った方もおられます。
⑤ 同様症状の経過写真を診て頂き、2週間ほどで治る見込みである事。
幼稚園に行ける!というだけで、かなり喜んで頂きました。
運動する事が、創治癒の過程を障害する事は、ほとんど御座いません。
よって、感染していないのであれば、安静にする必要は全く御座いません。

   <胸部>

初診時(胸)

初診時(胸)

加療後4日(胸)

加療後14日(胸)

   <大腿>

初診時(大腿)

初診時(大腿・水疱膜切除後)

加療後4日(大腿)

加療後14日(大腿)

関連記事

  1. 初診時

    挫創 眉(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    熱傷 前腕(湿潤療法)

  4. 初診時2

    糖尿病壊疽の患者さんの写真です。(湿潤療法)

  5. 手荒れの患者さんへ

  6. 初診時

    熱傷 11歳 下腿(湿潤療法)