顔の挫創です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 女性 です。

右こめかみあたりの皮膚欠損創です。

湿潤療法目的にて、当院受診されました。

創傷被覆材で加療致しました。

もちろん、消毒は一切行っておりません。

毎日、入浴、シャワー OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

綺麗に治り、喜んで頂きました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療3日後

加療3日後

湿潤療法 加療9日後

加療9日後

この患者さんは、その後おけがをされた際には、当院へ診察は無しで、創傷被覆材の購入目的のみで来院されます。

そういう患者さんは結構いらっしゃいます。

一度「湿潤療法」で傷を治したことのある患者さんは、大抵の傷は自分で治せるようになられます。「湿潤療法」をしていない医療機関を受診され消毒されるくらいなら、自分で治した方が良いと思います。

 

 

関連記事

  1. 初診時

    10か月 手の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時・膝

    2月27日ブログの続きです。

  3. 初診時

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 6歳 胸部、頚部の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 前回の続きです。

  6. 初診時

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP