顔面の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、30代 女性 です。
台所で可燃性スプレーを使用しコンロの火に引火し、その火をかぶり熱傷された患者さんです。
当日、地域の救命救急センターを受診、そのまま3日間入院されました。
従来通りの治療法(消毒、ガーゼ)に不信感を抱き、入院中色々と携帯で調べられていたそうです。
退院したその日に、湿潤療法目的にて、当院をご受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂き、ハイドロコロイドで加療致しました。
ハイドロコロイドを貼れない部位は(口唇、鼻翼)ワセリンをたっぷり塗って頂きました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。ガーゼは使用しておりません。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません
1週間程で治り(通院回数3回)、喜んで頂きました。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

関連記事

  1. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  2. 初診時-2

    中指先端の損傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    腕の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(大腿・正面)

    5歳 大腿、下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    2歳 額の割創です。(テープ固定)

  6. 初診時

    顔の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP