炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、30代 女性 です。
数年前より、背部に粉瘤(アテローム)があったそうです。
当院受診2週間前よりだんだん大きくなり、痛みが出てきたそうです。
そこで、地元の皮膚科を受診されました。
するとその先生からは
「手術は、炎症が引いて1年くらい経ってからでないと出来ない。とりあえず、抗生物質を内服しておくように。」と言われたんだそうです。
その説明に納得がいかず、また痛みが非常に強い為に、困り果て職場の友人に相談してみると、その友人がたまたま当院で同じような粉瘤の手術をされた方で、当院受診を勧められたそうです。
そして、わざわざ、他府県より当院ご受診して頂きました。


以下、私からの説明です。
① 抗生物質はほとんど効果が無いです。
② 炎症が強い状態でも、全く問題無く手術出来ます。
(むしろ、やり易いくらいです。)
③ 手術当日から入浴、シャワーOKです。
④ 術後は湿潤療法で治療いたしますので、一切消毒は行いません。


ご受診された当日、幸いにも(?)外来が空いておりましたので、当日手術させて頂きました。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
手術当日より痛みから解放され、喜んで頂きました。

術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後14日

術後14日

 「炎症が強いから」との理由で漫然と抗生物質が処方され手術を断られ、患者さんご自身で色々と調べられ、当院をご受診される患者さんは非常に多いです。
 炎症が強くても手術は全く問題無く出来ます。夏井先生(湿潤療法を創められた先生、私の師匠です)のH.P.に炎症が強くても手術をしている医師のリストが掲載されております。
同症状でお困りの患者さんは、一度ご参照下さい。
ただし、自己申告制ですので、ご受診される前に一度お電話にて「炎症が強い粉瘤に対して手術をされておられるのか」ご確認される事をお勧め致します。

関連記事

  1. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術前

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP