粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(水疱膜切除後)

 患者さんは、20代 男性 です。
友人とキャンプをしている時に、夜食でカップラーメンを作ろうと熱湯を沸かし、その沸かした熱湯を運んでいる最中に転倒し、熱傷されました。
翌日、近医の皮膚科を受診されました。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。そして、抗生物質が処方されておられました。
友人から「湿潤療法の方が良いよ。」とアドバイスを受けられ、色々と調べ、ご遠方より当院をご受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂きました。
水疱膜は感染源になりますので、除去いたしました。
その後、熱傷部をハイドロコロイドで覆いました。
感染状態にはなっておりませんでしたので、抗生物質の内服は中止致しました。
(抗生物質を内服する事が、感染予防にはなりません。)
毎日、シャワー 入浴 OK です。
1週間ほどで治り、喜んで頂きました。

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後8日

(通院回数2回)

関連記事

  1. 初診時

    右手の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    熱傷 下腿(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    顔面の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時・膝

    2月27日ブログの続きです。

  5. 初診時

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時2

    挫創 顔面(なつい式湿潤療法)