炎症の強い脇腹の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、20代 女性 です。
6年前より左脇に粉瘤が有ったそうです。
2週間前より急に腫れだして、痛みも強くなってきたために、近医を受診されました。
するとその医師より
「たぶん粉瘤でしょう。炎症が強いと手術は出来ないから、とりあえず抗生物質で様子を見ましょう。」と言われたそうです。
しかし、抗生物質を内服しましても全く良くならず、ますます痛みが強くなってきたために、(近々結婚式が控えている!)色々と調べられ、当院をご受診されました。
以下、私からの説明です。
① 炎症が強くとも、全く問題無く手術出来ます。
② 抗生物質の効果は、ほとんど無いです。
③ 術後、創部は湿潤療法で治療いたしますので、一切消毒は致しません。
④ 毎日、シャワー 入浴 OK です。
⑤ 抗生物質を内服する事により感染予防には成りませんので、術後感染しない限り、抗生物質は処方致しません。
⑥ くりぬき法で手術しますと、傷跡はOにはなりませんが、比較的綺麗に治ります。
以上の説明にご納得され、手術をご希望されましたので、手術をさせて頂きました。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後14日

術後14日

 数か月後に結婚式!
末永くお幸せに!

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術前2

    足の粉瘤(アテローム)です。

  3. 術前

    額の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術前

    炎症が強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP