下腿の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、30代 女性 です。

沸騰したお湯が入った鍋をひっくり返してしまい、熱傷されました。

近医である○○外科を受診。

消毒、ゲーベン、ガーゼ処置だったそうです。

そして、感染予防の為に毎日抗生剤の点滴と消毒に通院する様、指導されました。

暫くの間、毎日通院するも、痛みが日々増強し、立ち上がることすら痛すぎて出来なくなってきたために、色々と調べられ、湿潤療法目的にて片道数時間かけて、当院ご受診されました。

 抗生物質の点滴、内服は、感染予防にはなりません。

抗生物質とは、感染してから点滴、内服するものであって、感染予防目的で点滴、内服する薬剤では御座いません。

癌になるのが嫌だからと、毎日抗がん剤を内服することは致しません。

癌になってから、抗がん剤は投与されます。

同じ理屈です。

そして、抗生物質は、悪い菌のみを殺すわけでは御座いません。

人体にとって有益な細菌をも殺します。

一例を挙げますと、お腹の中を守ってくれている大腸菌が殺されますので、下痢をし易くなります。

よって、感染状態では無いにも関わらず、抗生物質を点滴、内服してはいけません。

この患者さんの創部は感染状態では御座いませんでしたので、前医で処方されていた抗生物質の内服は中止して頂きました。

水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。

プラスモイストで治療致しました。

もちろん、毎日、シャワー、入浴 OK です。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜を切除)

初診時(水疱膜を切除)

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

関連記事

  1. 初診時

    3歳 顔面の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  3. 膝の挫創です。(湿潤療法)

  4. 犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  5. 膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 加療後3日

    前腕の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP