粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

顔の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(粉瘤内容物を排出)

 患者さんは、40代 男性 です。
6年前より、左頬に粉瘤があったそうです。
最近になり大きくなってきたために、地元の○○皮膚科を受診。
「大きく切らないと粉瘤が取りきれない。」と言われた為に、色々と調べられご遠方より当院を受診されました。
くりぬき法で手術致しました。
術後は湿潤療法で治療致しますので、一切消毒はしておりません。
術後、毎日シャワー、入浴 OK です。
創部に直接シャワーのお湯をかけて洗い流して頂きます。
(ほとんど痛みは御座いません。)
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
別件で手術をして1年後に受診されましたので、写真を撮らせて頂きました。
術後1年の状態を診察する機会はほとんど御座いませんので、非常に参考になり勉強になりました。
有難う御座いました。

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

摘出された粉瘤

術後1日

術後5日

術後12日

術後1年

術後1年

関連記事

  1. 術前

    後頚部の感染性粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    炎症性粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  3. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  4. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)