粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中(粉瘤内容物を排出)

 患者さんは、30代 男性 です。
数年前より、背部に粉瘤が有ったそうです。
一度数年前に、他院で手術を受けられたそうですが、1年前より再発したそうです。
数週間前より痒くなってきて、数日前より痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてくれる医療機関を探され、かなりのご遠方より当院を受診されました。
(炎症が強くとも、全く問題無く手術出来ます。粉瘤の被膜が浮いている為に、むしろ手術がし易いくらいです。)
くりぬき法で手術致しました。
術後は湿潤療法で治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
前回手術した際は、術後毎日のように消毒されたそうです。
その度に激痛だったそうですが、当院の術後処置は湿潤療法で処置いたしますので、ほぼ痛みが無かったために、驚かれておられました。

術前

術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

術直後

術後1日

術後3日

術後10日

術後15日

術後22日

関連記事

  1. 術中(粉瘤の袋を摘出)

    肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中2

    背部粉瘤(アテローム)です。

  3. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  4. 初診時2

    頚部の粉瘤(アテローム)です。

  5. 術直後

    頬の粉瘤(アテローム)です。

  6. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症性粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)