植皮が必要と言われた前腕の熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代 女性 です。
大勢の友人と飲酒中に居眠りをしてしまい、気が付いたら熱傷していたそうです。
おそらくタバコだと思いますとの事でした。
地元で熱傷治療で有名な○○クリニックを受診されました。
処置は、消毒、ガーゼだったそうです。
黒色壊死した皮膚を「治りが良くない。切除しよう。」と言われ、
無麻酔で切除されたそうです。
それはそれはもの凄く痛かったそうです。
そして、その後も、無麻酔で数回切除されたそうです。
挙句の果てに、「植皮が必要になるでしょう」と言われたそうです。
そこで恐ろしくなり、受診する事を辞められたそうです。
その後、ご自分で色々と調べられ、当院受診されました。
まず、植皮をせずに必ず、2か月以内には治る事を説明致しました。
プラスモイストで治療致しました。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後8日

加療後8日

湿潤療法 加療後15日

加療後15日

湿潤療法 加療後29日

加療後29日

関連記事

  1. 初診時

    顔の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    5歳 鼻のひっかき傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    植皮が必要と言われた下腿皮膚欠損創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    8か月 頬の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  5. 術前

    背部の粉瘤(アテローム)です。

  6. 初診(右前腕)

    肘、前腕、膝の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP