指の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、20代 女性 です。

お鍋の蓋を開ける際に、蒸気が左手指にかかり、熱傷されました。

翌日、近医である○○皮膚科を受診。

その際、水ぶくれは無く、ガーゼ処置のみ受けられたそうです。

翌日、再度○○皮膚科を受診。

水ぶくれが出来ており、医師から

「この水ぶくれ、つぶすかこのままにするか、どうする?」

と質問されたそうです。

この言葉に不安になり、帰宅後色々と調べられ、当院を受診されました。

当院受診されるまでは、当院のHPを参考にされ、ラップのみを巻いていたそうです。

水疱膜(水ぶくれ)は、感染源になりますので、切除致しました。

ハイドロコロイドで加療致しました。

もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。

一度も消毒はしておりません。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

10日ほどで治癒し、

「あまりにも早く治ったので、びっくししました。」

と言われていました。

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 

関連記事

  1. 初診時(側面)

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 顔、肩の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時(被膜切除後)

    1歳 男児 指の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 昨日来院された可愛そうな患者さん。

  5. 4歳 女の子 胸部熱傷 です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    0歳 女児 前腕熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP