粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 11か月 手(湿潤療法)

初診時-1

 患者さんは、11か月の可愛い可愛い男の子です。
炊飯器の蒸気を触ってしまい、熱傷されました。
「湿潤療法」をしていると宣伝している、近医の○○皮膚科を受診。
ワセリン塗ってラップを巻かれたそうです。
ご両親が色々と質問しましても、納得のいく説明が無く、
「大丈夫、大丈夫。」と軽い感じだったそうです。
この医師ではダメだと思われ、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。
前医の処置は、間違ってはおりません。
ただ、説明不足だったために、患者さんのご両親が不安になられたのでしょう。
湿潤療法の説明を致しました。
同様の症例写真を提示し、今後の経過を説明致しました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 残念ながら、1歳半以下の手掌熱傷の場合、湿潤療法で治療致しましても、拘縮が起こる場合が御座います。
1歳半以下のお子様は、母親にしがみつく為に、手を握る力が強いからです。
今回の症例は、前医が消毒、ガーゼの処置では無く、ワセリン、ラップできちんと熱傷部を蒸らしておいて下さったので、拘縮することなく治癒致しました。

初診時-1

初診時-1

初診時-2

加療後2日-1

加療後2日-1

加療後2日-2

加療後5日-1

加療後5日-1

加療後5日-2

加療後9日

(実通院日数 4日)

関連記事

  1. 加療後5日

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時(水疱膜切除後)

    熱傷 大腿(湿潤療法)(1年9か月後)

  3. 初診時2

    指の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時(水疱膜切除後・右上肢)

    前回(4月24日)の続きです。

  5. 初診時

    植皮が必要と言われた前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    挫創 額(なつい式湿潤療法)