粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

指尖部損傷(湿潤療法)

初診時2

 患者さんは、40代 女性 です。
包丁で左中指先端を削いでしまい、受傷されました。
すぐに、地元の基幹病院である○○病院救急外来を受診。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。
消毒された際は、燃え上がるように痛かったそうです。
湿潤療法に関して知識が有ったために湿潤療法での治療を希望されると医師からは
「湿潤療法希望ならば他へ行くように。」
とかなりきつい口調で言われたそうです。
そこで、帰宅され色々と調べられ、ご遠方より翌日、当院を受診されました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

加療後3日

加療後11日

加療後17日

関連記事

  1. 初診時

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時

    9歳 女児 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    熱傷 手関節(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(水疱膜切除後)

    顔の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時(膝)

    肘、膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時(前腕)

    前回の続きです。(湿潤療法)