粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 下腿(湿潤療法)

初診時(1)

 患者さんは、50代 です。
油を使って揚げ物の料理をしている最中に、油の入った鍋をひっくり返し、熱傷されました。
すぐに、地域の基幹病院である○○市民病院救急外来を受診。
消毒、ガーゼ処置を受けられ、かなり痛かったそうです。
翌日から、病院からの紹介で近医である○○皮膚科クリニックを受診。
再度、消毒、ガーゼ処置を受けられました。
医師からは、濡らさないように、極力動かさないようにと言われたそうです。
そして、水疱膜は残しておいた方が良いと言われたそうです。
医師からの説明に納得がいかず、また、処置の度に激痛の為、不安となり色々と調べられ湿潤療法目的にて、ご遠方より当院を受診されました。
ガーゼ、ソフラチュールが創部にべったりついていたので、キシロカインゼリーを塗りながら丁寧に剥がしました。(無理やりバリバリと剥がすと、出血しますし激痛を伴います。)
残っていた被膜は、感染源になりますので切除致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
もちろん、毎日運動 OKです。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時(1)

初診時(2)

初診時(水疱膜切除後)

加療後3日(1)

加療後3日(2)

加療後10日(1)

加療後10日(2)

加療後17日(1)

加療後17日(2)

加療後24日(1)

加療後24日(2)

関連記事

  1. 初診時

    4歳 下腿熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    挫創 前腕(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    熱傷 9歳 足(湿潤療法)(1年7か月後)

  4. 6月4日(初診)2

    3歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    1歳 頬の熱傷です。(湿潤療法)