5歳 スポーク障害です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、5歳の可愛い可愛い女の子です。
母親の自転車の後ろに乗っていた際に、足がスポークに巻き込まれ受傷されました。
すぐに地元で湿潤療法をしている病院を探され、○○中央病院を受診されました。
しかし、消毒、ガーゼ処置の上に、肉の盛りが悪いからと「イソジンシュガー」を塗られてしまったそうです。
医師からは、「これも湿潤療法の一環です。」と言われたそうです。
これはおかしいと思われた母親が再度、湿潤療法をしている医療機関を調べられ、地元の○○クリニックを受診されました。
すると医師からは、
「創部の回りの肉が硬い。この硬い肉は切除しないと傷が治らないので、麻酔をして硬い部分を切除し、最初から治療をやりなおさないといけない。しかし、うちでは出来ないので、○○総合病院を紹介します。」
と言われ、紹介状を渡されたそうです。
しかし、納得がいかなかった母親は、夏井先生のH.P.から当院に辿り着き、当院を受診されました。
藁をもつかむ思いだったそうです。(受傷22日後)
今までの医師からうけた処置が、傷を治さないように治さないようにする処置だったために、硬くなってきただけであり、切除はしなくても必ず治る事を説明致しますと、かなりほっとされておられました。
 ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

湿潤療法 加療後21日

加療後21日

関連記事

  1. 初診時

    顎部の割創です。(テープ固定)

  2. 初診時2

    1歳6か月 男児 顔面熱傷 です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    生後11か月 手の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

  5. 初診時

    3歳大腿,下腿の熱傷。(なつい式湿潤療法)(3年後写真有)

  6. 初診時2

    顔の挫創です。(なつい式湿潤療法)

PAGE TOP