大腿の熱傷です。(湿潤療法)

患者さんは、40代です。

お茶を作ろうとしている最中に、熱湯をこぼしてしまい熱傷されました。

地域の期間病院である○○病院救急外来を受診。

消毒、ガーゼ処置だったそうです。

翌日、近医の△△皮膚科を受診。

そこでも、消毒、ガーゼ処置だったそうです。

毎日通院するように言われ、毎日毎日激痛に耐えておられたそうです。

医師からの説明もあまり無い為に不安になり、色々と調べられ、熱傷5日目に当院を受診されました。

残っていた水疱膜は感染源になるので、切除致しました。

プラスモイストで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたの、抗生物質は処方しておりません。

当院に来てからは、処置の際の痛みが無くなったために、喜んでおられました。

 

初診時

初診時

 

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

 

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

 

湿潤療法 加療後9日

加療後9日

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 1歳 胸部熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    右手の挫創です。(湿潤療法)

  3. 左上腕から前腕にかけての熱傷です。(湿潤療法)

  4. 植皮が必要と言われた手指の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    顎部の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  6. 2歳 下腿の熱傷です。(湿潤療法) 

PAGE TOP