2歳 顔の熱傷です。(湿潤療法)

患者さんは、2歳の可愛い可愛い男の子です。

熱湯の入った水筒をそのまま飲んでしまい、熱傷されました。

近医である○○皮膚科を受診。

湿潤療法を希望されましたが、傷がグジュグジュすると皮膚炎になるからと言われ、湿潤療法をして貰えなかったそうです。(おそらく、湿潤療法をご存じない先生だったんだろうと思います。湿潤療法を理解している医師であれば、そのような説明はしないからです。)

消毒、ガーゼ処置を受けられ、抗生物質が処方されました。

この説明、処置に納得のいかなかったご両親は、色々と調べられ当院を受診されました。

もちろん、湿潤療法で治療致しました。

ハイドロコロイドを使用致しました。

感染状態では御座いませんでしたので、抗生剤の内服は中止致しました。

(抗生物質は、感染予防目的にて内服するお薬では御座いません。感染してから内服するお薬です。)

毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

 

湿潤療法 加療後5日

加療後5日

 

湿潤療法 加療後14日

加療後14日

 

関連記事

  1. 前回の続きです。(湿潤療法)

  2. 初診時

    9歳 女児 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 顔の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    頚部から肩にかけての熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  5. 2歳 顎部の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    顔の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP