粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

手荒れ(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代です。
ハンドクリームを塗っているにも関わらず、手荒れが治らないとの事で、湿潤療法目的にて当院を受診されました。
ワセリンを手全体にぬり、ビニール手袋をかぶせる という処置を2日間して頂きました。
手荒れ、かかとのカサカサには、この処置でほぼ治ります。
ちなみに、ハンドクリームを塗っておられる患者さんが多いですが、ハンドクリームは塗ってはいけません。
クリーム剤には界面活性剤が入っておりますので、洗剤と同じ作用を致します。
クリーム剤は、マジックの汚れを落とせるほどの洗浄力が御座います。
よって、ハンドクリームを塗っていると、結果的にカサカサになってしまいます。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療後2日

加療後2日

関連記事

  1. 初診時

    挫創 指(湿潤療法)

  2. 初診時(水疱膜切除後・右上肢)

    前回(4月24日)の続きです。

  3. 加療後5日

    下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 術直後

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 初診時

    熱傷 指(なつい式湿潤療法)

  6. 加療後3日

    1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)