粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 手(湿潤療法)

初診時(水疱膜切除後)2

 患者さんは、40代です。
お仕事中に熱い油が手にかかり、熱傷されました。
地元の基幹病院である○○病院救急外来を受診。
ガーゼ処置を受けられたそうです。
治療法に納得がいかず、翌日、地元にもう一つある別の基幹病院を受診。
そこの医師から、当院を受診するように勧められたそうです。
残っていた水疱膜は、感染源になりますので切除致しました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん毎日、シャワー、入浴 OK です。
一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

湿潤療法 加療後8日

加療後8日

 

関連記事

  1. 初診時

    挫創 額(なつい式湿潤療法)

  2. 初診時1

    顔の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時・膝

    2月27日ブログの続きです。

  4. 初診時

    熱傷 頚部~肩(なつい式湿潤療法)

  5. 糖尿病性壊疽の患者さん

  6. 初診時

    かぶれ 足関節(なつい式湿潤療法)