炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

 患者さんは、40代です。
数年前より後頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
数日前より、急に痛くなってきたために、炎症が強くても手術をしてもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。
炎症が強くても、全く問題無く手術は可能です。
他院を受診し、
「炎症が強いから今は手術は出来ない。抗生物質を内服して小さくしましょう。」
と言われ、抗生物質を内服してみたものの、効果が全く無なく、ネットで調べて当院を受診される患者さんが非常に多いです。
炎症が強い粉瘤(アテローム)に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。
それどころか、体を守ってくれている細菌が殺されるために、体調が悪くなります。
(大腸菌が殺されるために、下痢します。等)
痛みが強かったために、受診当日手術を行いました。(幸い(?)にも外来が空いていました。)
くりぬき法で手術致しました。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

粉瘤(アテローム)摘出 術後26日

術後26日

 

 鼠経部に粉瘤が出来、当院を受診された女性患者さんから
「ブログには鼠経部の粉瘤が載っていないので、珍しいのかと思っていました。」
と言われた患者さんがおられました。
全く、珍しくは無いです。ほぼ、毎週のように手術をしております。
ただ、場所が場所だけに、ブログに掲載出来ないだけです。
どうしても、ブログに掲載する部位は、当たり障りの少ない頚部や背部になってしまいます。
鼠経部の粉瘤は、圧倒的に女性に多いです。
おそらく、タイトな下着を履かれる方が多いからだと思います。
(こすれる所に粉瘤は出来易い傾向にあります。)

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 術前

    頭部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    大腿の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(被膜ごと摘出された粉瘤)

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 粉瘤(アテローム)摘出 術前

    肩の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP