猫による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

 患者さんは、60代です。

飼い猫に母指を咬まれて、受傷されました。

その日のうちに、だんだんと痛くなってきたために、当院を受診されました。

咬まれた傷は、傷が深い為に、表面を消毒しても意味が御座いません。

創部深部に溜まった汚い液を排出しないと治りません。

そこで、ナイロン糸を挿入し、毛細管現象を利用し、排液して治します。

局所麻酔をして、傷の深さを探り、糸を出来るだけ深くまで挿入します。

創部から出た糸は、ハイドロコロイドでサンドイッチにして指先に固定し、プラスモイストで創部を覆います。

(湿潤療法を作られた夏井先生に教えて頂いた治療法です。)

通常、1日から2日後に糸を抜去致します。

この患者さんは、処置1日後に痛みが軽減し、腫れも引いていた為に、ナイロン糸を抜去致しました。

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸挿入)

初診時(ナイロン糸挿入)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後1日(ナイロン糸抜去)

加療後5日

加療後5日

 

関連記事

  1. 犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  2. 犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  3. 初診時(ナイロン糸挿入)

    猫による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  4. 初診時(ナイロン糸挿入)

    猫による足の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  5. 初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

PAGE TOP