下腿の低温熱傷です。(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代です。
カイロで下腿を低温熱傷されました。
地元の皮膚科を受診。
従来通りの治療法(消毒、ガーゼ)処置だったそうです。
処置の際の激痛に加え、納得のいく説明も無かった為に、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。
湿潤療法の説明をさせて頂きました。
約3か月程で治る事を説明いたしますと、ほっとされておられました。
プラスモイストで治療致しました。
処置の際、全く痛くなかったので驚かれていました。
診療最後の日、患者さんから
「前の皮膚科の先生は今後の経過の説明が全くありませんでした。なんだか、手探りで治療している感じでした。しかし、ここに来るようになって、今後の経過を分かりやすく説明してくれたので、目標に向かって治療している感じがして、とても良かったです。」
とお褒めの言葉を頂きました。
私は、毎回創部の写真を撮り、前回との比較、今後の経過予想を説明するようにしております。
その事を評価して下さったのだと思います。
(外来が非常に混雑している場合は、処置室で立ち話という場合も御座います。申し訳御座いません。)
とても嬉しかったです。

初診時

初診時

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

湿潤療法 加療後20日

加療後20日

湿潤療法 加療後41日

加療後41日

湿潤療法 加療後67日

加療後67日

湿潤療法 加療後101日

加療後101日

 

関連記事

  1. 初診時(顔)

    顔、肩の挫創です。(湿潤療法)

  2. 湿潤療法でこんなに綺麗に治りました。

  3. 初診時

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  4. やっぱりワセリンです。

  5. 初診時

    低温やけどにご注意ください。(湿潤療法)

  6. 犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

PAGE TOP