腕の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、60代です。

お鍋をしている最中に、具を取ろうとした際、右腕を鍋に突っ込んでしまい熱傷されました。

当日、地元の基幹病院である○○総合病院を受診されました。

従来通りの治療法(消毒、ガーゼ処置)だったために、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。

遺残水疱膜は、感染源になりますので切除致しました。

プラスモイストで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー 入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

湿潤療法 加療後13日

加療後13日

湿潤療法 加療後18日

加療後18日

 

関連記事

  1. 左半身挫創の患者さんです。(湿潤療法)

  2. 加療後8日

    8歳 下腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  3. 1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    3歳大腿,下腿の熱傷。(なつい式湿潤療法)(3年後写真有)

  5. 初診時

    2歳 女子 頬を噛まれました。(湿潤療法)

  6. 前回の続きです。(湿潤療法)

PAGE TOP