粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

猫による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

初診時(ナイロン糸挿入)

 患者さんは、30代です。
猫に咬まれて受傷されました。
数日すると、痛みが強くなってきたために、色々と調べられ、当院を受診されました。
犬や猫に咬まれた傷に対して、表面をいくら消毒しましても、効果が御座いません。犬や猫の牙は先が尖って長い為に、皮膚の深い部分にまで傷が及んでおります。
その、深部に溜まった汚い液を排液しない事には、いくら表面を消毒しましても治りません。そこで、当院では師匠に教えて頂いた、ナイロン糸ドレナージを行っております。
2日間ほどナイロン糸を挿入しておきますと、腫れ、発赤、痛みが軽減致します。
消毒は意味が無いので、一切しておりません。

 

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸挿入)

初診時(ナイロン糸挿入)

ナイロン糸ドレナージ 加療後1日

加療後1日

ナイロン糸ドレナージ 加療後21日後

加療後21日後

関連記事

  1. 初診時2

    猫に指を咬まれた患者さんです。(ナイロン糸挿入)

  2. 初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  3. ナイロン糸挿入後

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  4. 初診時(ナイロン糸挿入)

    猫による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  5. 初診時(ナイロン糸挿入)

    猫による足の咬傷(ナイロン糸ドレナージ法)

  6. 初診時(糸挿入後)-2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)