粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

切創 顔(縫合)

初診時

 患者さんは、50代です。
包丁で誤って頬を切ってしまい、受傷されました。
色々と調べられ、当院を受診されました。
キズが深く、「痛くても綺麗に治して欲しい。」とのご希望でしたので、局所麻酔をして縫合致しました。
テープ固定でももちろん綺麗になるのですが、縫合した方が、毎日テープを張り替えなくてよいので、後の自分での処置が楽になります。
(ただ、麻酔が痛い・・・)
創部は、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

初診時(縫合後)

初診時(縫合後)

加療後2日

加療後2日

加療後9日(抜糸後)

加療後9日(抜糸後)

関連記事

  1. 初診時

    挫創 顔(湿潤療法)

  2. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

  3. 初診時2

    挫創 手(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    挫創 指(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時(キズドライが散布されている)

    前腕の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    こめかみの裂創です。(テープ固定)