下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、9歳です。

熱湯が足にかかり、熱傷されました。

地元の○○大学病院を受診。

その後、他府県の○○大学病院へ転院。

消毒、ガーゼ処置だったそうです。

医師から以下の説明を受けたそうです。

① 濡らさないように。

② 学校は暫くの間休んで、自宅安静。

③ 毎日、消毒、ガーゼ処置に通院する事。

毎回毎回医師が変わり、その度に処置のやり方が微妙に変わったそうです。

説明も、医師によりまちまちで、だんだんと不安になり、色々と調べているうちに「湿潤療法」を知り、湿潤療法目的にて当院を受診されました。

湿潤療法の説明をさせて頂きました。

以下、私からの説明です。

① 毎日、シャワー、入浴 OK です。

② 毎日、学校に行きましょう。安静にする必要は、全く御座いません。

飛んで、跳ねて、踊って OK です。

③ 通院は、週2回で十分です。

僕からの説明をお聞きになられたご家族の方は、戸惑っておられました。(よくある事です。)

何しろ前医からの説明とは、全く逆の説明を受けたのですから、当然です。

まして、前医は名だたる○○大学病院の医師です。

こちらは、しがない開業医。

普通当然、前医の説明を信用すると思います。

ご家族、ご本人が私の説明を信用して下さり(?)湿潤療法で治療して頂き、良かったです。

日に日に良くなっていく創部を見られて、ようやく信用して頂けました。

 

初診時(足)

初診時(足)

初診時(足・遺残水疱膜切除後)

初診時(足・遺残水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後3日(足)

加療後3日(足)

湿潤療法 加療後8日(足)

加療後8日(足)

湿潤療法 加療後15日(足)

加療後15日(足)

湿潤療法 加療後3か月(足)

加療後3か月(足)

 

下腿は次回、掲載させて頂きます。

関連記事

  1. 足底術後、植皮が必要と言われた患者さんです。(湿潤療法)

  2. 初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)

  3. 初診時

    手の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  4. 5歳 胸部の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 湿潤療法をしていると書いてあったのに・・・

  6. 左上腕の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP