下腿の熱傷です。(湿潤療法)

 患者さんは、20代です。

酩酊状態で入浴しようとした際、お風呂のお湯が熱湯だったために、熱傷されました。

地元の○○総合病院救急外来を受診。

従来通りの処置(消毒、ガーゼ)だったそうです。

そこで友人に相談されたところ、その友人がたまたま当院で熱傷治療を受けられた方だったそうです。

「傷跡が残らずに治してもらえるから、行った方が良いよ。」

と言われたそうです。

そこで、ご遠方より当院を受診されました。

プラスモイストで治療致しました。

もちろん、一度も消毒はしておりません。

毎日、シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療後5日

加療後5日

湿潤療法 加療後10日

加療後10日

 

関連記事

  1. 初診時(足)水疱膜切除後

    前回の続きです。

  2. 11歳 下腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    顔面の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  4. 大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    2歳 足関節のかぶれです。(なつい式湿潤療法)

  6. 6歳 胸部、頚部の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP