粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

6歳 5年間治らなかった手荒れ(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、6歳の可愛い可愛い女の子です。
1歳の頃から手荒れになられたそうです。
6歳になるまでの5年間、数件の皮膚科で治療を受けるも、治らなかったそうです。
ママ友に相談した際に、当院を勧められ、受診されました。
お話を聞いておりますと、今まで色々なクリーム剤を処方されたそうです。
以下、私からの説明です。
① クリーム剤には界面活性剤が入っているので、止めましょう。
 (肌に良いクリーム剤はあり得ません。今はやりのヒルドイドもしかりです。)
② 石鹸で洗うのを止めましょう。
 (生活の場から、極力界面活性剤を避けましょう。)
③ ワセリンを塗って、ビニール手袋をしておきましょう。
5年間治らなかった手荒れが、17日間で治りました。
お肌に良かれと思いしている事で、実はお肌を悪くしている事ってたくさんあるんです(特に先進国)。
クリーム剤は界面活性剤が含まれておりますので、肌に良いクリーム剤はあり得ません。
ハンドクリームは、台所洗剤並みの洗浄力が御座います。
ハンドクリームを体に塗る行為は、台所洗剤を体に塗る行為と同じです。
ちなみに、「お化粧水」なるのものが御座います。
よくある謳い文句に「お肌に水分補給を!」というのが御座います。
皮膚科の基礎なのですが、実は、お肌からは水分は吸収されません。
もしも、お肌から水分が吸収されるのであれば、入浴後、体が2倍3倍になっているはずです。
水泳選手は毎日数時間、水中で練習されておられます。もしも、お肌から水分が吸収されるのであれば、練習後、体が2倍3倍になっているはずです。
夏場の海水浴場、死体だらけになるはずです。高濃度の海水が体内に入ってくると、死亡するからです。そんな光景、当たり前ですが、見たこと御座いません。
皮膚から水分は吸収されません。
もしも皮膚から水分が吸収されるのであれば、危なくて危なくて入浴なんて出来ません。
いずれ垢となって剥がれ落ちる層までしか、水分は浸透されません。だから、入浴後は少し肌がぶよぶよする程度です。
しつこいようですが、皮膚からは水分は吸収されません。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

湿潤療法 加療後17日

加療後17日

湿潤療法 加療後2か月

加療後2か月

 

関連記事

  1. 初診時

    4歳 眉部の挫創です。(テープ固定)

  2. 初診時

    2歳 顎部の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 血腫除去中

    右前腕挫滅創に対し他院で縫合。その後感染し受診された症例

  4. 加療後1日(膝)

    挫創 膝、下腿(湿潤療法)

  5. 植皮が必要と言われた患者さん。

  6. 初診時・膝

    2月27日ブログの続きです。