3歳 顔と胸部の熱傷です。(湿潤療法)

初診時(顔)

 患者さんは、3歳の可愛い可愛い女の子です。
熱湯が顔から胸部にかけてかかってしまい、熱傷されました。
当日、地元の基幹病院である〇〇病院救急外来を受診。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。翌日から、その病院の形成外科で治療を受けておられました。
治療内容は、ガーゼ処置だったそうです。
なんとか、綺麗に治したい一心で、ご両親が色々と調べられ、湿潤療法という治療法が有ることが分かり、当院を受診されました。
ハイドロコロイドで治療致しました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時(顔)

初診時(顔)

湿潤療法 加療後4日(顔)

加療後4日(顔)

 

初診時(胸部)

初診時(胸部)

湿潤療法 加療後4日(胸部)

加療後4日(胸部)

 

関連記事

  1. いったい何を信用したら良いのですか?

  2. 肘の挫創です。(湿潤療法)

  3. 術中(粉瘤内容物を摘出)

    顔の粉瘤(アテローム)です。

  4. 背部の湿疹です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    下腿の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

  6. 加療後9日

    前腕の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP