1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

初診時2

 患者さんは、可愛い可愛い1歳の男の子です。
炊飯器の蒸気を触ってしまい、熱傷されました。
(小児の手のひらの熱傷で一番多いパターンです。)
地元の基幹病院である〇〇総合病院救急外来を受診されました。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。
医師からは、明日以降、毎日消毒するために通院するよう、言われたそうです。
また、絶対に濡らさないように言われたそうです。
医師からの説明に納得が出来なかったために、色々と調べられ、湿潤療法目的にてご遠方より当院を受診されました。
水疱膜は、感染の原因となりますので、切除致しました。
もちろん、毎日シャワー、入浴 OK です。
(なにか貼った状態でのシャワーでは御座いません。創部むき出しの状態でシャワーOKです。)
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
治癒して1年3か月後、再度左手を熱傷され、当院を受診されました。
以前、熱傷した部位は、綺麗に治っておりました。

 

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

湿潤療法 加療後3日

加療後3日

湿潤療法 加療後7日

加療後7日

湿潤療法 加療後1年3か月

加療後1年3か月

 

関連記事

  1. 1歳 手の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 顔面挫創の患者さんです。(湿潤療法)

  3. 足底術後、植皮が必要と言われた患者さんです。(湿潤療法)

  4. 初診時(創部拡大)

    顔の裂創です。(テープ固定)

  5. 前腕の挫創です。(湿潤療法)

  6. 指の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP