粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

かぶれ 手(湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代です。
6年前から手指のかぶれで悩まされていたそうです。
当院受診までに、数件の皮膚科を受診。
いずれの医療機関からも、クリーム状の塗り薬が処方されていたそうです。
いつまで経っても治らないために、友人からの勧めで当院を受診されました。
以下、私からの説明です。

① クリーム状の薬には、界面活性剤が含まれています。
よって、薬という名の洗剤です。使用してはいけません。
(今流行りのヒルドイドローションもしかりです。)

② ワセリンを塗って、ビニール手袋をしましょう。

以上です。

6年間治らなかった手荒れが、たった4日間でかなり改善し、大変喜んで頂きました。

 

初診時

初診時

湿潤療法 加療後4日

加療後4日

 

関連記事

  1. 初診時

    7歳男児 前腕の挫創です。(湿潤療法)

  2. 加療後5日2

    熱傷 1歳 手(湿潤療法)

  3. 初診時(足)水疱膜切除後

    前回の続きです。

  4. 初診時

    熱傷 下腿(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    3歳 女児 前腕熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    熱傷 11か月 上肢(なつい式湿潤療法)