4歳 手、膝の熱傷です。(なつい式湿潤療法)1年後写真有

加療後4日(手掌)

 患者さんは、4歳の可愛い可愛い男の子です。
花火をしている最中に、熱傷されました。
近医である〇〇皮膚科を受診。ガーゼ処置だったそうです。
ママ友に相談すると、「湿潤療法」を勧められたそうです。
そこで、「湿潤療法」に関して調べていると、当院のホームページにたどり着いたそうです。
しかし、遠方だったために、お住いのお近くで「湿潤療法」をしているとホームページ上に書いてある〇〇病院を探されて受診されました。
そこの医師から
「手はハイドロコロイドで治療しましょう。
しかし、膝の熱傷は深いので感染するかもしれないので、ガーゼ処置にしましょう。」
と言われたそうです。
翌日受診すると、前日とは違う医師から
「熱傷が深いところは、湿潤療法の適応ではないです。
ガーゼで乾燥させた方が良い。水疱膜は取らないように。」
と言われたそうです。
ご自分で調べられた「湿潤療法」と何か違うと思われた母親が心配になり、ご遠方より当院を受診されました。
もちろん、深い熱傷でも湿潤療法で治療することが出来ます。
ガーゼを当てて乾燥させると、余計に傷が深くなります。
また、水疱膜は感染源になりますので、切除しなければなりません。
〇〇病院では残念ながら、正しい湿潤療法はしておりませんでした。
 この様に、正しい「湿潤療法」をしていないにもかかわらず「湿潤療法」をしているとホームページに書いてある医療機関を散見いたします。
患者さんが可愛そうです。本当に残念な事です。
「湿潤療法」を創られた夏井睦先生が、昨年12月14日に「なつい式湿潤療法」を商標登録されました。
あまりにも、全国に「なんちゃって湿潤療法」をしている医療機関が多いからです。
(ちなみに当院は、「なつい式湿潤療法」をしている医療機関として、第1号に認定して頂きました。)

 

初診時(手掌)

初診時(手掌)

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後4日(手掌)

加療後4日(手掌)

加療後10日(手掌)

加療後10日(手掌)

加療後22日(手掌)

加療後22日(手掌)

加療後1年(手掌)

加療後1年(手掌)

 

初診時(膝)

初診時(膝)

加療後4日(膝)

加療後4日(膝)

加療後10日(膝)

加療後10日(膝)

加療後22日(膝)

加療後22日(膝)

加療後1年(膝)

加療後1年(膝)

 

関連記事

  1. 2歳 手掌の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 顔、肩の挫創です。(湿潤療法)

  4. 口唇の割創です。(テープ固定で加療致しました)

  5. アトピー性皮膚炎???(湿潤療法)

  6. 下腿、足の熱傷です。(湿潤療法)

PAGE TOP