炎症の強い足の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術中

 患者さんは、50代です。
右第一趾のしこりがだんだんと痛くなってきたために、近医である〇〇整形外科を受診。ガングリオンとの診断の下、針で吸引されたそうです。
しかし、何も出なかったそうです。(そりゃあそうです。)
そこで、地元の基幹病院である△△総合病院を紹介受診。
「炎症が強いから今は何もできない。〇〇整形外科で炎症を引かせる処置を受けて下さい。」
と言われたそうです。
そこで再度、〇〇整形外科を受診。
毎日、消毒に通院するように言われたそうです。
消毒の度、激痛だったそうです。
また、炎症を引かせる目的で、1週間分の抗生物質が処方されました。
しかし、炎症は全く引かなかったために、もっと強い抗生物質が追加で1週間処方されたそうです。
しかし、炎症が引くどころか、ますます炎症は強くなっていき、これは何かおかしいと思われた患者さんが、ネットで調べて当院を受診されました。
炎症が強くとも、全く問題なく手術することが出来ます。
また、炎症が強い粉瘤に対して、抗生物質はほとんど効果が御座いません。
くりぬき法で手術致しました。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。
術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後2日

術後2日

術後6日

術後6日

術後13日

術後13日

術後20日

術後20日

術後29日

術後29日

術後47日

術後47日

術後112日

術後112日

 

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)(術後3年の写真…

  2. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 頚部の粉瘤(アテローム)です。

  4. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 右頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP