炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、40代です。
10年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。
1週間ほど前より、急に大きくなって痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。
そこの医師から
「炎症が強い間は手術が出来ません。
とりあえず、抗生物質を飲んで炎症を抑えましょう。
手術は、炎症が落ち着いてからとなります。」
と言われたそうです。
その後、抗生剤を内服するも、どんどん痛くなってきたために、ネットで色々と調べられ、他県より当院を受診されました。
炎症が強い粉瘤(アテローム)に抗生剤を内服しましても、ほとんど効果は御座いません。
また、炎症が強い粉瘤(アテローム)でも、全く問題なく手術することが出来ます。
あまりにも痛みが強かったために、受診日当日手術させて頂きました。
くりぬき法で手術致しました。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後4日

術後4日

術後11日

術後11日

術後25日

術後25日

 

関連記事

  1. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 術中(被膜を摘出)2

    粉瘤(アテローム)手術 2年7か月後の写真です。

  3. 術前

    耳の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    頬の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP