頚部のイボです。(切除術)

術前

 患者さんは、40代です。
頚部にある多数のイボ切除目的にて、当院を受診されました。
イボは、局所麻酔下にて切除致します。
レーザーで除去する医療機関も御座いますが、私は、切除したほうが術後創部が綺麗治ると考えております。
レーザーで除去いたしますと、創部は熱傷後と同じ状態になります。
よって、ケロイド様になる場合も御座います。
(もちろん、綺麗に治る事も御座います。)
しかし、切除であれば、術後出血いたしますので、術後の見た感じは痛々しいですが、創部の皮下組織は傷んでおりませんので(熱傷していない為)、術後創部を湿潤療法で治すことによって、ほとんど傷跡が残らず治ります。
(全く傷跡が残らないという事では御座いません。)
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

術前

術前

術直後

術直後

術後5日

術後5日

術後1か月半

術後1か月半

 

関連記事

  1. 術前(正面)

    頚部のイボです。(切除術)

  2. 術前(正面)

    頚部のイボです。(切除術)

  3. 術前(正面)

    頚部のイボです。(切除術)

  4. 術前(正面)

    頚部のイボです。(切除術)

  5. いぼ切除 術前(正面)

    頚部のイボです。(切除術)

  6. 頚部のイボです。(切除術)

PAGE TOP