粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 大腿(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、30代です。
スチームアイロンが大腿に当たり、熱傷されました。
近医である〇〇皮膚科を受診。
水疱膜は剥がさないように言われたそうです。
そして、その水疱膜の上に薬を塗ってガーゼを当てられたそうです。
濡らさないように注意され、3日間毎日通院されたそうです。
しかし、医師からの説明に納得がいかず、色々と調べられご遠方より当院を受診されました。
水疱膜は、感染源になりますので、切除致しました。
この患者さんの様に、水疱膜を残して、その上に軟膏を塗っている医療機関が沢山御座います。
しかし、その軟膏は熱傷を治す意味が有るのでしょうか?
水疱膜から熱傷部までは離れています。
服の上から軟膏を塗っている様な物だと、私は思います。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
ハイドロコロイドを用いて治療致しました。
毎日、シャワー、入浴 OK です。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後3日

加療後3日

加療後11日

加療後11日

 

関連記事

  1. 初診時

    挫創 額(なつい式湿潤療法)

  2. 昨日来院された可哀そうな患者さん。

  3. 水疱切除後(正面)

    10か月 男児 足の熱傷です。(湿潤療法)

  4. 湿潤療法を求めて

  5. 初診時

    額の割創です。(テープ固定)

  6. 術中(粉瘤内容物を摘出)2

    顔の粉瘤(アテローム)です。