生後11か月 手の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、11か月の可愛い可愛い女の子です。
入れたてのお味噌汁をひっくり返してしまい、熱傷されました。
かかりつけの小児科を受診されました。
ステロイド剤、ガーゼ処置だったそうです。
傷跡が残るでしょうと言われたそうです。
そこで、心配になり色々とネットで調べられ、なつい式湿潤療法目的にて、当院を翌日受診されました。
お母様に、この程度の熱傷であれば、全く傷跡が残らないことを説明させて頂きますと、かなりほっとされておられました。
水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。
ハイドロコロイドを使用いたしました。
もちろん、一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたの、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後4日

加療後4日

加療後13日

加療後13日

 

関連記事

  1. 初診時

    10か月 手の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 加療後3日(右前腕)

    12月21日のブログの続きです。(湿潤療法)

  3. 1歳 植皮が必要と言われた上肢熱傷です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    眉部の挫創です。(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    2歳 胸部の熱傷(湿潤療法)1年2か月後です。

  6. 背部の湿疹です。(湿潤療法)

PAGE TOP