粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 大腿(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、9歳の可愛い可愛い女の子です。
いれたての即席スープをひっくり返してしまい、大腿を熱傷されました。
当日、地元の基幹病院である〇〇市民病院救急外来を受診。
消毒、ガーゼ処置だったそうです。
翌日から、地元の〇〇皮膚科へ通院されました。
そこでの処置も、消毒、ガーゼだったそうです。
そして、感染予防目的にて抗生物質が処方されていました。
処置のたびに痛がる娘さんを見て、処置の仕方に納得のいかなかったご両親が色々と調べられ「なつい式湿潤療法」目的にて当院を受診されました。
抗生物質は、感染してから内服するお薬です。
感染予防目的にて内服する薬では御座いません。
感染予防目的にて薬を内服するという事が正しいのであれば、全員毎日抗生物質を内服しなければなりません。
誰もみな、感染症にかかることは嫌だからです。
そして、不要な抗生物質を内服致しますと、大腸菌が殺されますので下痢しますし、女性であれば膣常在菌が殺されますので、カンジダになりやすくなります。
抗生物質とは、感染したら内服する薬であって、感染予防目的にて内服する薬では御座いません。
熱傷部は感染しておりませんでしたので、ただちに抗生物質の内服は止めて頂きました。
ハイドロコロイドを用いて治療致しました。
湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー 入浴 OK です。

初診時

初診時

加療後7日

加療後7日

加療後13日

加療後13日

 

関連記事

  1. 初診時

    挫創 膝(湿潤療法)

  2. 初診時(正面)

    熱傷 大腿(湿潤療法)

  3. 初診時

    鼻下の割創です。(テープ固定)

  4. 初診時2

    熱傷 11か月 手(なつい式湿潤療法)

  5. 初診時

    植皮が必要と言われた 3歳 足背の熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時2

    前腕の湿疹(湿潤療法)