指の熱傷です。(なつい式湿潤療法)

 患者さんは、40代です。
炊事中、熱湯がかかり熱傷されました。
お知り合いの方が当院で「なつい式湿潤療法」を受けられたことが有ったそうで、その方から勧められ、当院を受診されました。
水疱膜は感染源になりますので、切除致しました。
創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー 入浴 OK です。
患者さんの母親が以前同じような熱傷をして、他院皮膚科で治療を受けられたそうです。
その際、毎日消毒に通院するように言われ、処置のたびに激痛だったそうです。
そして、傷跡もかなり残っているそうです。
「なつい式湿潤療法」の処置の際の痛みの無さ、綺麗に治るスピード、実際に綺麗に治る事に驚かれていました。

初診時

初診時

初診時(水疱膜切除後)

初診時(水疱膜切除後)

加療後7日

加療後7日

関連記事

  1. 下腿の挫創です。(湿潤療法)

  2. 初診時(水疱膜切除後)

    大腿の熱傷です。(湿潤療法)

  3. 顔、肩の挫創です。(湿潤療法)

  4. 顔、前腕の熱傷です。(湿潤療法)

  5. 感染していないのに抗生物質を内服することは止めましょう。

  6. 額の挫創です。(湿潤療法)

PAGE TOP