額の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

術前

 患者さんは、40代です。
額に粉瘤(アテローム)が出来た為に、近医より紹介してもらい〇〇大学病院皮膚科を受診されました。
医師から、傷跡が残るから手術しない方が良いと言われたそうです。
そこで、色々と調べられ、当院を受診されました。
くりぬき法で手術致しました。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 よく患者さんから
「先生の術後の傷跡はなんでそんなに綺麗に治るんですか?」
と質問される事が御座います。
答えは
① 極力小さな傷で手術をする。
② 術後創部を「なつい式湿潤療法」で治療する。
からです。
ですから、私に特別な技術、技能が有るわけでは決して御座いません。
当たり前のことを当たり前にしているだけで御座います。

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後3日

術後3日

術後8日

術後8日

術後1か月

術後1か月

関連記事

  1. 炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  2. 粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  3. 背部の粉瘤(アテローム)です。

  4. 粉瘤(アテローム)摘出 術中

    炎症の強い頚部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  5. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  6. 炎症が強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

PAGE TOP