粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

熱傷 腹部(なつい式湿潤療法)

初診時

 患者さんは、40代です。
コンロの火が服にうつり熱傷されました。
当日、地元の〇〇総合病院救急外来を受診。
消毒、ガーゼ処置を受けられました。
翌日、同病院皮膚科を受診。
フェブラストスプレーを使用されたそうです。
その際、物凄く痛かったそうです。
あまりの強い痛みで、治療を継続する勇気が無くなり、ネットで調べて「湿潤療法」を知ったそうです。
そこで、地元で「湿潤療法」をしているとホームページに書いてあるクリニックを受診。
しかし再度、フィブラストスプレーを使用されたそうです。
これはおかしいと思われ、再度ネットで検索。
ご遠方から当院を受診されました。
いくら「湿潤療法をしています。」とホームページに書いてあっても、フィブラストスプレー、ゲーベンクリームを使用していたら、それは正しい「湿潤療法」では御座いません。
(ついでに書いておきますが、ヒルドイドローションも同じ理由で使用してはいけない薬剤です。)
正しい「なつい式湿潤療法」をしている医療機関では、絶対に使用しない薬剤です。
その理由は、界面活性剤が入っているからです。
つまり、洗剤です。
傷口、熱傷部に洗剤を塗ると、痛くなって当たり前です。
そして、傷が深くなります。
絶対に使用してはいけない薬剤です。
ハイドロコロイドを用いて治療致しました。
加療後11日目以降はもう治っておりますので、ハイドロコロイドは使用せずにワセリンのみ塗って頂きました。
なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
毎日、シャワー、入浴 OK です。

 

初診時

初診時

加療後5日

加療後5日

加療後11日

加療後11日

加療後25日

加療後25日

加療後32日

加療後32日

加療後46日

加療後46日

加療後2か月

加療後2か月

 

関連記事

  1. 初診時2

    子供のお腹の火傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時(足底)2

    肌荒れ 湿疹 足(湿潤療法)

  3. 初診時

    挫創 顔面(湿潤療法)

  4. 初診時(下腿正面)

    前回の続きです。

  5. 初診時

    膝の挫創です。(湿潤療法)

  6. 初診時

    6歳 女児 大腿の熱傷です。(湿潤療法)