粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

猫に指を咬まれた患者さんです。(ナイロン糸挿入)

初診時2

 患者さんは、50代です。
飼っている猫に指を咬まれて受傷されました。
すぐに、近医を受診。皮膚表面を消毒して絆創膏を貼られて終わったそうです。
だんだんと痛くなってきた為に、ネットで調べて当院を受診されました。
創部に腫脹、強い圧痛が認められたために、夏井睦先生に教えて頂いた「ナイロン糸ドレナージ法」で治療致しました。
局所麻酔下にナイロン糸を挿入いたしました。
ナイロン糸挿入後、暫くすると痛みはほぼ無くなったそうです。
翌日、痛み腫脹が軽減していることを確認し、ナイロン糸を抜去致しました。
その後の創部はなつい式湿潤療法で治療致しました。

 

初診時

初診時

初診時(ナイロン糸挿入後)

初診時(ナイロン糸挿入後)

加療後1日(糸抜去)

加療後1日(糸抜去)

加療後4日

加療後4日

 

関連記事

  1. 初診時2

    挫創 9歳 顔(湿潤療法)

  2. 初診時

    手掌の挫創です。(湿潤療法)

  3. 初診時2

    3歳 女児 顔の挫創です。(湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 1歳 大腿(なつい式湿潤療法)

  5. 加療後4日(手掌)

    熱傷 4歳 手、膝(なつい式湿潤療法)(1年後)

  6. 初診時(ナイロン糸ドレナージ挿入後)2

    犬による手の咬傷です。(ナイロン糸ドレナージ法)