粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

術前

 患者さんは、30代です。
以前からあった粉瘤(アテローム)が痛くなってきた為に、炎症が強くても手術をして貰える医療機関をネットで探され、手術目的にて当院を受診されました。
炎症が強くても、全く問題なく「くりぬき法」で手術することが出来ます。
また、炎症性粉瘤に対し、抗生物質は無効です。
術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術中

術中

術直後

術直後

術後6日

術後6日

術後20日

術後20日

 

関連記事

  1. 初診時(頚胸部)2

    1歳 男児 頚部、胸部、足の熱傷です。(湿潤療法)

  2. 初診時

    かぶれ 手(なつい式湿潤療法)

  3. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  4. 初診時(膝)

    7歳 膝の挫創です。(湿潤療法)

  5. 初診時

    1歳 植皮が必要と言われた上肢熱傷です。(湿潤療法)

  6. 初診時2

    縫う?縫わない?