粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

爪郭炎(陥入爪) 爪甲切除術

術前

 患者さんは、50代ヨーロッパ在住の日本人です。
深爪をしたために、爪郭炎になり痛くて痛くて仕方ないために、
当院での手術目的にてわざわざ帰国されました。
くい込んでいる爪甲を縦に切除し、同時に肉芽も切除致します。
爪のエッジを斜めに切る医療機関が非常に多いのですが、斜めに切ってはいけません。
斜めに切ると、爪の先端が爪が生える際に皮膚にくい込んでいくからです。
斜めに切ると、爪が皮膚に当たっている部位の痛みが一時的に軽減しますが、
結局爪が生えてくるにしたがって、痛くなってきます。
よって、治療にはなっておりません。
爪のエッジを斜めには絶対に切ってはいけません。
手術としましては、爪の根っこまで縦に切ります。
すると、爪が伸びてきましても、皮膚にくい込むことは御座いません。
術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後11日

術後11日

術後17日

術後17日

術後26日

術後26日

術後43日

術後43日

 

関連記事

  1. 初診時(正面)2

    挫創 顔(なつい式湿潤療法)

  2. 美肌でいるために

  3. やっぱりワセリンです。

  4. 初診時2

    糖尿病性壊疽の患者さんのその後(湿潤療法)

  5. 初診時

    2歳 顔の割創です。(テープ固定)

  6. 初診時

    2歳 顔の割創 治療2年後の状態です。