粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

粉瘤(アテローム)顔(くりぬき法)(術後2年半)

術中

 患者さんは、30代です。
耳の前の粉瘤が大きくなってきた為に、地元の〇〇形成外科クリニックを受診されました。
するとそこの医師から
「抗生物質を内服すると治ります。」
との説明を受けられ、抗生物質が処方されたそうです。
その後1週間、抗生物質を内服しても治るどころか、だんだんと大きく痛くなってきた為に、
炎症が有っても手術をして貰える医療機関をネットで探され、県外から当院を受診されました。
粉瘤治療に対し抗生物質を処方する医療機関が沢山有りますが、粉瘤に対し抗生物質は無効です。
粉瘤の袋の内部には、血管が無いからです。
無効どころか、身体を守ってくれている細菌が殺されますので、有害だと考えております。
また、炎症が強くても全く問題なく、手術をすることが出来ます。
しかし破裂直後は、袋がバラバラになっておりますので、手術がしにくい状態となります。
当院を粉瘤(アテローム)の治療目的にて受診される患者さんは多いと思いますが、
お一人も抗生物質を処方した事は御座いません。
効果が無いからです。
くりぬき法で手術致しました。
術後創部は、なつい式湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。
術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。
術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

 

術前

術前

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後3日

術後3日

術後15日

術後15日

術後2年半

術後2年半

 

関連記事

  1. 術中2

    粉瘤(アテローム)頚部(くりぬき法)

  2. 摘出された粉瘤(左被膜,右内容物)

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  3. 術前

    炎症の強い背部の粉瘤(アテローム)です。(くりぬき法)

  4. 術前

    炎症性粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)

  5. 初診時2

    頚部の粉瘤(アテローム)です。

  6. 術中(粉瘤被膜を摘出)

    粉瘤(アテローム)背部(くりぬき法)