粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

挫創 膝(なつい式湿潤療法)

初診時2

 患者さんは20代です。
バイクで転倒し、受傷されました。
なつい式湿潤療法」目的にて、当院を受診されました。
局所麻酔をして縫うか、ハイドロコロイドを用いて寄せて貼るか、それぞれのメリット、デメリットを説明させて頂きました。
ご本人、
「痛いのは苦手なので、ハイドロコロイドでお願いします。」
との事でしたので、ハイドロコロイドを用いて創部を寄せて貼りました。
1年後、他疾患で当院を受診されましたので、写真を撮らせて頂きました。
有難う御座いました。

 

初診時

初診時

加療後5日

加療後5日

加療後1年

加療後1年

 

関連記事

  1. 初診時

    顔面挫創治療5年後の写真です。

  2. 術中(粉瘤内容物を排出)

    頬の粉瘤(アテローム)です。

  3. 湿潤療法をしていると書いてあったのに・・・

  4. 初診時(前腕1)

    熱傷 7か月 手、前腕(なつい式湿潤療法)

  5. 術直後(左側)

    いぼ 頚部 切除術 

  6. 初診時

    挫創 頬(なつい式湿潤療法)