新大阪の整形外科(リハビリ、交通事故治療)、形成外科(湿潤療法、粉瘤(アテローム)のくりぬき法等)

HOME 院長あいさつ・医院案内 当院からのお知らせ リンク集 院長ブログ
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

整形外科

  • リハビリ
  • 交通事故治療
  • 巻き爪治療
  • その他
  • 神経ブロック治療
  • 関節内注射

形成外科

  • 湿潤療法
  • 粉瘤(アテローム)
  • 医療レーザー脱毛
  • レーザーフェイシャル
(しみ、ほくろ、ニキビの治療)
  • ボトックス注射
  • 二重まぶた
  • その他
  • ピアス・ボディピアス
  • プラセンタ注射
  • 美肌ビタミン注射
  • 美白内服
  • ワキ汗
  • 料金表

その他

  • ED、AGA治療
  • ED治療
  • AGA治療
  • にんにく注射、肝臓回復注射
  • にんにく注射
  • 肝臓回復注射

院長ブログ

 患者さんは、40台です。

5年以上前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

最近になり痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。

すると、医師からは

「とりあえず、抗生物質で様子見ましょう。

手術をすると、大変だからほっといた方が良いですよ。」

と言われたそうです。

医師の指示通り、抗生物質を内服していましたが、全く良くならないどころか、余計に痛くなってきた為に、ネットで調べて当院を受診されました。

当院のブログで、炎症している粉瘤に対し抗生物質は効果が無いことを知ったそうです。

「痛みも有るために、早く手術をしてすっきりしたいです!」

とのご要望でしたので、受診された当日(幸い?外来がすいていました)、手術させて頂きました。

くりぬき法で手術致しました。

術後創部は、湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日、シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

摘出された粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

 


2018年12月6日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、70代です。

30年前より、額に粉瘤(アテローム)が有るそうです。

最近になり、小学4年生のお孫さんから

「おかしいよ。」

と言われたために、思い切って手術しようと思われ、当院を受診されました。

(とにかくお孫さんは可愛いんだそうです。)

数週間後にお孫さんとお会いするお約束が有るために、それまでにきれいに治して、驚かせる計画なんだそうです。

そういう計画は大好きですので、最大限協力させて頂きました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 


2018年11月26日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは60代です。

数十年前より、肩後面に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

最近になり腫れて痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。

そこの医師から

「腫れが強いから今は何も出来ません。

抗生物質を飲んでとりあえず腫れを引かせましょう。」

と言われ、抗生物質を処方されました。

しかし、抗生物質を内服しましても、一向に腫れが収まるどころか、どんどん腫れて痛くなってきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。

こういうパターンで当院を受診される炎症の強い粉瘤(アテローム)患者さんは、非常に多いです。そして、ほとんどの患者さんは手術を希望され、皆さん数日以内に手術を受けて頂いて、良くなられます。

手術翌日は、「痛くなくなりました!」とニコニコ笑顔で受診される患者さんが非常に多いです。医師として、嬉しい瞬間です。

炎症が強くとも、抗生物質はほとんど効果は御座いません。

手術をして摘出する以外、治療方法は御座いません。

無意味な抗生物質の内服は、体を壊すだけです。

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

摘出された粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

粉瘤(アテローム)摘出 術後20日

術後20日

粉瘤(アテローム)摘出 術後26日

術後26日

粉瘤(アテローム)摘出 術後48日

術後48日

 


2018年11月15日  12:28 PM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、30代です。

数年前より、背部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

だんだんと大きくなり、痛くなってきたために、色々と調べられ、ご遠方より当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法にて治療致しますので、消毒は一度もしておりません。

術後毎日、シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

粉瘤(アテローム)摘出 術後26日

術後26日

 


2018年11月5日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、30代です。

約5年前より、頚部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

最近になり腫れだしてきて痛みを伴うようになってきたので、近医である〇〇皮膚科を受診されました。そこの医師から

「炎症が強いと手術は出来ません。とりあえず、炎症を引かせるために、抗生物質を内服して下さい。」

と言われたそうです。

しかし、抗生物質は内服しても全く効果がないどころか、痛みが増してきたために、炎症が強くても手術をして貰える医療機関を探され、当院を受診されました。

こういう経緯で当院を受診される患者さんは、非常に多いです。

炎症性粉瘤に対して、抗生物質は無効です。

また、炎症が強くても、全く問題なく手術が出来ます。

とりあえず、排膿処置のみを勧める医療機関も沢山あるそうですが、全く問題なく根治的手術をすることが可能です。

痛みが強かったために、当日手術をさせて頂きました。(幸い?外来がすいてもおりました。)

くりぬき法で手術致しました。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

 


2018年10月25日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、50代です。

約5年前より、胸部に粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

1週間前より腫れだしてきたために、近医である〇〇形成外科を受診されました。

そこの医師からは、「炎症しているから手術は出来ない。」と言われたそうです。

そこで炎症していても手術をしてもらえる医療機関を探され、当院を受診されました。

炎症が強くとも、全く問題なく手術は可能です。

また、炎症が強い粉瘤に対しては、切開排膿のみにしておいた方が良い場合も有るという医師もおられます。しかし、炎症がかなり強くとも、全く問題なく手術は可能です(私の師匠のH.P.です)。炎症が起きているときほど、粉瘤の被膜は周囲組織から遊離していますので、逆に簡単に除去することが出来ます。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後12日

術後12日

粉瘤(アテローム)摘出 術後19日

術後19日

粉瘤(アテローム)摘出 術後33日

術後33日

 


2018年10月15日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、50代です。

頚部に約20年前より、粉瘤(アテローム)が有ったそうです。

だんだんと匂いがきつくなってきたために、ネットで色々と調べられ、手術目的にて当院を受診されました。

くりぬき法で手術致しました。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日シャワー 入浴 OK です。

術後、感染状態にはなりませんでしたの、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤内容物を排出)

術中(粉瘤内容物を排出)

粉瘤(アテローム)摘出 術中(粉瘤被膜を摘出)

術中(粉瘤被膜を摘出)

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後9日

術後9日

粉瘤(アテローム)摘出 術後16日

術後16日

 


2018年10月1日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、30代です。

約1年前より、後頚部にしこりが有ったそうです。

2週間前より腫れて痛くなってきたために、近医である〇〇皮膚科を受診されました。

しかし、炎症が強いために対応が出来ないと言われたそうです。

そこで、炎症が強くても手術をして貰える医療機関を探され、ご遠方より当院を受診されました。

炎症が強くても、全く問題なく手術は可能です。

また、炎症が強い粉瘤に対し、抗生物質はほとんど効果が御座いません。

くりぬき法で手術いたしました。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

術前

術前

術中(くりぬき法)

術中(くりぬき法)

術直後

術直後

術後1日

術後1日

術後5日

術後5日

術後12日

術後12日

 


2018年9月13日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 

 患者さんは、40代です。

頚部に粉瘤が出来た為に、近所の〇〇皮膚科を受診されました。

医師から

「結構大きく切ることになります。縫い目の後、傷跡が大きく残ります。」

と説明を受けられたそうです。

そこで、極力小さな傷で手術をして貰える医療機関を探され、他府県より当院を受診されました。

くりぬき法で手術いたしました。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も創部の消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術中

術中

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後2日

術後2日

粉瘤(アテローム)摘出 術後5日

術後5日

粉瘤(アテローム)摘出 術後11日

術後11日

粉瘤(アテローム)摘出 術後3年

術後3年

 


2018年9月3日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

 患者さんは、40代です。

数年前より、後頚部に粉瘤(アテローム)があったそうです。

2年前に、他院で手術を受けられました。

しかし、最近になり再度腫れてきたために、腫れていても手術をしてもらえる医療機関を調べられ、当院を受診されました。

炎症が強くとも、全く問題なく手術は出来ます。

そして、「腫れているので、とりあえず抗生物質で様子を見ましょう。」

という医療機関が非常に多いのですが、炎症している粉瘤に対し、抗生物質は無効です。

粉瘤の袋の中で炎症が起こっております。

いくら抗生物質を内服致しましても、粉瘤の袋の中まで薬の効果は届きません。

まれに、「抗生物質を内服したら痛みが引きました。」

という患者さんがおられます。

しかしそれは、抗生物質で炎症が引いたから痛みが引いたわけでは御座いません。

粉瘤の袋が膿でパンパンになり、風船が割れるように、袋が裂けて中身が出て内圧が下がったから、痛みが軽減した訳です。

抗生物質で痛みが軽減した訳では御座いません。

腫れている粉瘤、痛みを伴う粉瘤に対し、抗生物質は無効です。

無効どころか、体を守ってくれている常在菌が死滅致しますので、有害です。(大腸菌が殺されますので、下痢します。女性であれば、膣常在菌が殺されますので、カンジダになりやすくなります。)

くりぬき法手術致しました。

術後、毎日シャワー、入浴 OK です。

術後、創部は湿潤療法で治療致しますので、一度も消毒はしておりません。

術後、感染状態にはなりませんでしたので、抗生物質は処方しておりません。

 

粉瘤(アテローム)摘出 術前

術前

粉瘤(アテローム)摘出 術直後

術直後

粉瘤(アテローム)摘出 術後1日

術後1日

粉瘤(アテローム)摘出 術後4日

術後4日

粉瘤(アテローム)摘出 術後15日

術後15日

粉瘤(アテローム)摘出 術後1か月

術後1か月

 

 8月20日~25日まで、夏季休暇とさせて頂きます。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご了承のほど、宜しくお願い致します。

 


2018年8月16日  6:00 AM |カテゴリー: 粉瘤 アテローム Atheroma,くりぬき法

PAGE TOP

HOME院長あいさつ・医院案内当院からのお知らせリンク集
整形外科
リハビリ交通事故治療巻き爪治療神経ブロック治療関節内注射
形成外科
湿潤療法粉瘤(アテローム)医療レーザー脱毛レーザーフェイシャル
ボトックス注射二重まぶたピアス・ボディピアス
プラセンタ注射美白ビタミン注射美白内服ワキ汗医療化粧品料金表
その他
ED治療AGA治療にんにく注射肝臓回復注射