粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

バイクで転倒された患者さんです。(湿潤療法)

初診時

 今回は、バイクで転倒された下腿を擦り剥かれた患者さんの症例です。
もちろん、湿潤療法で加療しました。
よって、消毒は致しませんので、処置中に患者さんから「痛い!」という声を聞くことは御座いませんでした。
もちろん、我慢もされていたのでしょうが。
2週間ほどですっかり良くなりました。

受傷時
加療2週間

 

関連記事

  1. 手荒れの患者さんへ

  2. 初診時

    挫創 手関節(なつい式湿潤療法)

  3. 初診時

    割創 額(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時(正面)2

    250度に熱せられた塗料による、前腕熱傷です。(湿潤療法)

  5. 初診時(左膝)2

    前回の続きです。

  6. 初診時

    割創 額(テープ固定)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。