粉瘤(アテローム)や傷やけど治療はこおりたひろ形成整形外科クリニックへ|粉瘤|アテローム|なつい式湿潤療法|大阪|

2歳の女の子のやけどです。(湿潤療法)

初診時
受診時

初診時

加療2週間後

加療2週間後

 お鍋のお湯が顎から胸にかけてかかってしまった2歳の女の子です。
2件、基幹病院を受診されましたが、湿潤療法をしておらず、インターネットで湿潤療法をしているクリニックを探され、当院を来院されました。
2件目の病院では、「アズノール、ガーゼ」と湿潤療法をしている医師からしますと、やってはいけない治療を受けられておられました。
2週間ですっかり良くなりました。
最後の診察日は、一切泣く事もなく、ずーっとニコニコ笑ってくれたので、とても嬉しかったです。本当に可愛い女の子でした。

関連記事

  1. 初診時

    足底術後、植皮が必要と言われた患者さんです。(湿潤療法)

  2. 初診時2

    背部の湿疹です。(湿潤療法)

  3. 初診時

    挫創 顎(なつい式湿潤療法)

  4. 初診時

    熱傷 大腿(なつい式湿潤療法)

  5. 術中(粉瘤内容物を排出)

    頬の粉瘤(アテローム)です。

  6. 受診時

    2歳 女児 顔の熱傷です。(湿潤療法)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。